ダニはどこにいるのでしょうか?
ベッドや布団の中にいると言われてますが、ほとんどの人は直接見たわけではありません。ベッドや布団のどの部分にいるのでしょうか?

そこで直接見てみることにしました。家にいるダニは0.4mmくらいと、肉眼では見えないので顕微鏡や高倍率のルーペが必要です。顕微鏡とはいっても大したものではなく、家のダニはけっこう簡単に見ることができます。

ダニはお手軽携帯用顕微鏡で見える!

普通の顕微鏡では布団を直接みることはできません。そこで活躍するのが携帯用の顕微鏡です。私がベッドのダニ観察に使ったのはケンコーの携帯型顕微鏡STV-40Mという商品です。amazonでたったの1260円というお手軽さです。

この携帯型顕微鏡は倍率が20~40倍で、観察用LEDライトが点いていて、さらに持運びができるので(手のひらに収まるサイズ!)、どこでも見たいところをそのまま見ることができます。まさにダニの観察にピッタリです。


ダニ観察顕微鏡
手のひらサイズだけど高機能!

ベッドでダニを発見!!

さてこの携帯型顕微鏡でシーツをどけてベッドパッド上を観察したところ、、いました!!ダニは半透明なため、最初はダニを見つけるのに苦労しましたが、すぐに慣れてダニを見分けられるようになります。


ダニの画像onbed



どうやらダニはベッドパッドの縫い目の穴部分に住んでいるようです。写真のダニのサイズは0.3mm程度ですが、そのサイズではさすがに布地を通り抜けることはできません。

しかしダニをよく見つけられるベッドパッドの上は明らかに汚いです。。。縫い目に沿って細かいゴミみたいなものが沢山ついています。写真のダニのところには髪の毛も落ちてます。ちなみにこのダニはチリダニとよばれる種類のダニで、このダニが身体を刺すわけではないです。

チリダニはダニ被害の元凶

チリダニが増えるとアレルギーの原因になります。そしてチリダニを捕食するツメダニが増えます。ツメダニは人を刺して腫れとかゆみの原因になります。寝室に入るとちょっと目がかゆくなる気がしていたのですが、このチリダニが原因だったかもしれません。。

ダニを退治する方法は”布団のダニ退治”と”マットレスのダニ退治”を読んでください。またダニを退治した後に再びダニを繁殖させないようにするには”布団とマットレスのダニを予防する方法”を読んでください。


関連記事:
布団のダニ退治
マットレスのダニ退治
布団とマットレスのダニを予防する方法