布団

布団乾燥機でのダニ退治はこんな人におすすめ!

ダニ捕りマットと並ぶダニ退治の定番が布団乾燥機です。

布団乾燥機の良い所はなんといっても即効性です。使ったその日から効果があるので、ダニを今すぐなんとかしたい!という人にはピッタリです。布団がふかふかになり、寝心地がよくなるのも嬉しいですね。

布団乾燥機の弱点は、時間と手間がかかることです。ダニモードは一回あたり2-3時間ほどかかります。また、布団乾燥機は一回使うだけでは効果は少なく、何回も使わないとダニを徹底退治できません。(手間をかけたくない場合は、置くだけのダニ捕りマットがおすすめです)

したがって布団乾燥機がおススメできるのは、ダニの被害が大きくて今すぐになんとかしたい!という人や、マメな掃除が苦にならない人です。

そして布団乾燥機は使い方がとても大事です。ここではダニ退治に失敗しない、布団乾燥機の効果を劇的にアップさせる使い方を解説します!
 

普通に布団乾燥機を使ってもダニは退治できない?

普通に布団乾燥機を使っても、ダニに汚染されたベッドのダニ退治は失敗することよくあります。ダニ退治に失敗する理由はダニがマットレスの奥や布団の表面の温度が低いところに逃げてしまうからです(下図)。

布団乾燥機をかけた夜はダニ被害には遭いませんが、数日もたたずにダニが戻ってきて再びダニに刺されます。せっかく布団乾燥機を買ってダニ退治をしようとしたのに全然効果がないじゃないか!と怒っている人は相当多いと思います(私がそうでした)。

布団乾燥機ダニ退治1

 

布団乾燥機の効果を倍増させる必殺アイテムとは?

ダニを徹底退治するには、熱とダニを逃がさないことです。実はとっても簡単に熱とダニを閉じ込める方法があります。ダニ退治の必殺アイテムは”アルミ保温シート”です。アルミ保温シートは要するにアルミでコートされた断熱シートのことです。

冬はホットカーペットやこたつの暖房効果を高める節約グッズとしても売っています。商品名はアルミ断熱シートという名前のこともあります。またアルミレジャーシートや車のフロントガラスに設置するサンシェードも中身は同じアルミ保温シートです。どれも100均で売ってます。これを2枚用意しましょう。


アルミ保温シート
>>アルミ保温シートをアマゾンで見る
>>アルミ保温シートを楽天で見る


アルミ保温シートは、その名の通り保温するために作られているので、熱を逃がしません。さらにアルミで覆われているので、ダニはアルミ保温シートを通り抜けできません。

アルミ保温シートでダニと熱を閉じ込める!

アルミ保温シートを使って図のようにベッドマットと掛布団をサンドイッチしてやります。さらに断熱効果を高めるために一番上に掛け布団をかけてやります。

布団乾燥機ダニ退治2

こうすれば布団乾燥機の熱が外に逃げないため、ベッドマットと掛け布団は内部までダニが死ぬ高温(50度以上)になります。さらにアルミシートなのでダニが下のマットレスや上の布団に逃げることができません。
すなわち熱とダニを閉じ込めているので、ベッドマットと布団のダニを確実に退治することができます。

布団乾燥機は何がいいの?

布団乾燥機のおススメは日立のHFK-SD10-Pという機種です。使いやすい・見た目よし・安い、と三拍子揃った大人気のモデルです(詳しくはダニ退治におすすめの布団乾燥機を参照してください)。布団乾燥機を検討している人はとりあえず日立のHFK-SD10-Pを買っておけば一番失敗はないですよ。


掃除機掛けを忘れずに!

布団とアルミ保温シートはダニの死がいやフンでいっぱいです。これらはアレルギーの元になったり、ダニの再繁殖の原因にもなります。すぐに掃除機で吸い取りましょう。
掃除機掛けは強い吸引力でゆ~~~~っくりとかけるのがコツです。最低でも布団片面あたりで2分はかけましょう。両面やることを忘れずに!
アルミ保温シートもかなり汚れているので、表面を拭きとるか掃除機掛けを忘れないようにします。

ダニ退治は一回だけでは終わらない

ダニ退治は一回では完璧ではありません。どうしてもダニの生き残りや卵が残ってしまうからです。徹底退治するためには布団乾燥機と掃除機のステップを何度か繰り返す必要があります。ダニの汚染の程度にもよりますが、数日おいてか2~4回はこのステップを実行しましょう。


関連記事:
ダニ捕りマットでダニ退治!
ダニ退治におすすめの布団乾燥機
掃除機でダニ退治!