応急処置2



ダニに刺されたら一刻も早くダニ退治をしなくてはいけません。ただダニを徹底退治するには時間がかかります。そんなにすぐに時間を取れるひとの方が少ないでしょう。方法はいろいろありますが、時間がかかる方法が殆どです。

(今すぐダニ対策するなら⇒ベッドマットレスのダニ退治

とはいってもダニは待ってくれません。何もしないと今日もまたダニに刺されてしまいます。そしてひどい痒みと1年以上のこるかもしれないシミができてしまいます。そんな事態にならないためにも今日の夜にダニに刺されないようにする方法を紹介します。

一番効果の高い対策はフローリングで寝ること

一番確実な方法はフローリングの上で寝ることです。フローリングの床をしっかり拭いて、そのうえで直に寝ます。掛け布団も汚染されている可能性が高いので、重ね着で体温調節をします。もしタオルケットが洗えれば、洗い立てのタオルケットを使いましょう。

ダニに汚染された所でも刺されない方法

フローリング寝は効果が高いですが、さすがにフローリングは固すぎて厳しい人の方が多いでしょう。その場合はダニで汚染されたベッドや布団の上で寝ることになります。そこで汚染されたベッドでも刺されない方法をご紹介します。できる対策だけでよいので、今晩を乗り切るために試してみてください。

対策1:レジャーシートをベッド(敷き布団)の上に敷く



レジャーシート


ダニは布の隙間は通れますが、ビニールの隙間は通れません。レジャーシートで物理的にダニをブロックできます。レジャーシートはコンビニ(場所によってはないかも)や100均、スーパーで売っています。また防災用のアルミシートもダニは通れないので、アルミシートを敷いてもOKです。100均やホームセンターで売っています。


アルミ

対策2:虫よけスプレーをして寝る



サラテクト


虫よけスプレーはダニ刺され予防にも効果があります。ダニに刺されやすい場所にしっかりと虫よけスプレーをします。

対策3:ダニブロッカーをかける



ダニブロッカー


ダニブロッカーはフマキラーから発売されている、ダニ予防スプレーです。アルコールベースなので布団やソファに吹きかけてもすぐに乾いてべとつきません。このダニブロッカーを寝る30分~1時間前にベッドや布団にまんべんなくかけておきます。そうすると少なくとも1日は表に出てくることはありません。

時間のあるときにダニの根本退治を!

ここに挙げた対策はあくまで数日をダニに刺されないように乗り切る方法です。毎日スプレーをしたり、レジャーシートを引いて寝るわけにはいきません。時間があるときにダニの根本退治しないとダメです。そうしないとダニはどんどん増えていきます。

今すぐダニ対策!⇒ベッドマットレスのダニ退治