ツメダニ画像
家庭で人を刺すツメダニ(害虫駆除の富士消毒より引用)

なんでダニは人を刺すのでしょうか?

家庭で発生するダニの大部分はチリダニ類(ヤケヒョウダニ、コナヒョウダニ)で、それらのダニは人を刺すことはありません。チリダニは主にフケや食物のカスなどを食べています。

ツメダニが人を刺すのはたまたま?

人を刺すダニはツメダニというダニです。このツメダニは”たまたま誤って”人を刺しています。

ツメダニは人の体液が主食ではなく、チリダニや昆虫の体液が主食です。人を刺すのは、ツメダニの生息環境にたまたま人が入ってくるからです。

蚊やノミは吸血型の虫

蚊取り線香
蚊やノミは違います。蚊やノミは吸血が主食なので、人(の血液)は主食です。そのため積極的に人間を刺しにきます。ツメダニの大きさはせいぜい0.3~0.8mmと、人から吸血するには小さすぎます。吸血する虫(蚊・ノミ・ぶよなど)は人の目に見えるくらいのサイズ(2mm以上)です。

屋外には吸血型のダニもいるので注意!

フタトゲチマダニ
人や犬などを吸血するマダニ
ちなみに家にいるツメダニは吸血しませんが、山や草むらにいるマダニという吸血するダニはいます(100倍に巨大化する吸血ダニ)。マダニは目に見える大型のダニです。英語では普通のダニはmiteですが、マダニはtickと別の名前がついているくらい区別されています。マダニは死にいたる感染症を媒介することもあるので注意が必要です。

非常に稀ですが、マダニに刺さされて死に到ることもあります。2013年に話題になった山口県の殺人ダニはマダニのことです。詳しくは山口から始まった殺人ダニ騒動をお読みください。

関連記事:
100倍に巨大化する吸血ダニ
ダニに刺されやすい人っているの?
山口から始まった殺人ダニ騒動
ベッドマットレスのダニ退治